飯能市A様邸

「山小屋風のすまいで 緑を楽しみ、薪を割る暮らし」

吹き抜けの南面に開口を設け、陽光が降り注ぐ陽だまりのLDにはたくましい梁にハンモックをかけたり、
冬には薪ストーブに火を入れたりと、ゆったりとした暮らしを楽しめるお家になりました。
無垢床張りの床に、真壁工法による構造材が内装材として住まいにぬくもりを添えています。
ご家族も「みんなのお気に入りの場所」と言ってくれました。

ロフトへと上がる梯子を設置した開放感のある2階ホールからは、LDや玄関が見下ろすことが出来ます。キッチンからも南側に広がる庭まで視線が抜ける造りなので奥様からも「家事をするのが楽しい」と好評です。

外構も合わせて当社がコーディネートした落ち着いた色合いの外観は、まさに山小屋風のおうち。
自然と向き合った暮らしを満喫できる住まいを目指しました。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Facebook

« 前のページに戻る